会社概要 ABOUTUS

沿革

浦和で130年…須原屋

明治
発足当時 明治9年〜大正12年
大正
大正12年〜昭和32年
昭和
昭和32年〜昭和47年
現在
昭和47年〜現在

創業

明治9年11月11日 初代高野幸吉が現本店所在地である浦和宿に東京、浅草芧町の須原屋伊八の貸店舗として創業。当時は埼玉市師範学校の先生たちが使う副教科書の出版(印刷・製本・販売)も行う。

須原屋が発行した教科書

  • 博物新編訳解
    明治3年発行、須原屋茂兵衛、須原屋伊八、他11点
  • 世界のあらまし柳原喜兵衛発行、須原屋茂兵衛、須原屋伊八、他取扱い

名前の由来

八代将軍吉宗の時代、和歌山県にある須原村という村落から江戸に上り、本屋をはじめた出身者が
須原屋の称号を用いた事に由来するといわれている。

沿革

明治9年初代高野幸吉が創業
明治37年高野保平2代目社長に就任
昭和19年太平洋戦争のため休業状態に入る
昭和22年高野嗣男が売り場5坪の店として再スタートをする 3代目社長となる
昭和25年株式会社須原屋書店に組織変更
昭和32年商号を株式会社須原屋に変更。須原屋新店舗完成
昭和46年浦和市元町2丁目に書店後継者2世を育てるための須原屋研修所を新築
昭和50年から平成18年に渡り、計32期・177名の卒業生を育成する
卒業生は現在、書店人として全国で活躍している
昭和47年本社新築工事完成。現在の本店となる
昭和51年創業100周年を迎える
昭和52年蕨市蕨駅東口前に蕨店を開店
昭和56年浦和市西口駅前コルソビル4階にコルソ店を開店
昭和60年春日部市ロビンソン百貨店(現 西武春日部店)6階に春日部店を開店
平成元年熊谷市八木橋百貨店8階に熊谷店を開店
平成2年宇都宮市ロビンソン百貨店7階に宇都宮店を開店(平成15年閉店)
平成6年浦和市仲町1丁目に外商本部棟を新築
高野隆が4代目社長に就任
平成12年川口市ダイヤモンドシティ・キャラ(現 イオンモール川口前川)内3階に
キャラ川口店を開店(現 川口前川店)
平成13年さいたま市武蔵浦和駅前、ライブタワー2階に武蔵浦和店を開店
平成17年川口市ショッピングモールアリオ川口3階にアリオ川口店を開店
平成19年キャラ川口店(現 川口前川店)をリニューアルオープン

経営理念

  • 社会的使命を果たすこと
  • 健全経営に徹すること

経営実践

  • 店舗は明るく美しく清潔に
  • 商品は新鮮で奥深い品揃えで
  • 接客は明朗・親切・心を込めて
  • 業務は迅速・確実・安全に

ページトップへ